新しい架け橋~故郷の未来へ~『のだ治久』は故郷「伊豆市」を想う皆さんの思いを県政の場につないで参ります。

政策・理念

  • HOME »
  • 政策・理念


活力への架け橋

既存の産業を支え新たな活力を掘り起こすために

◆基幹作業である観光・農業の連携を進めます
◆地域の宝である歴史・文化・伝統を掘り起こし観光資源へとつなぎます
◆子供が後を継げる農水商工業を育成します
◆耕作放棄地の有効活用をはかります
◆ジオパーク構想の充実をはかります
◆東京オリンピック自転車競技の開催会場の誘致を進めます
◆海の県道223号線の活用と土肥港の活性化を促進します

 


安全への架け橋

災害に強い地域を形成するために

◆強靭な県土づくりを推進します
◆里山・竹林の整備を積極的に進めます
◆観光客を含めた避難体制の強化・整備に取り組みます
◆消防団・自主防災組織の充実・支援をおこないます
◆災害時の拠点となりうるスペースの整備に取り組みます
 
 

 


安心への架け橋

健康で安心して暮らせるために

◆医師の確保と地域医療の充実を進めます
◆『お達者度』(※1)県下一を目指した高齢者への対応を充実させます
◆地域包括システム(※2)の早期整備を進めます
◆介護施設等への入居待機者の解消をはかります
◆発達障がいをはじめ障がいを持った皆さんへの支援策を充実させます
◆集落と行政が一体となった鳥獣被害対策にとりくみます
※1【お達者度】
65歳から、元気で自立して暮らせる機関を算出したもの
※2【地域包括システム】
可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制の事

 


未来への架け橋

次代を担う子供たち若者たちのために

◆教育環境を充実させ学力の向上をはかります
◆学童保育の充実を行います
◆伊豆市で生まれ育った子供が再び戻ってくるこたが出来る
  環境(雇用の創出)を作ります
◆地域づくりに汗を流す若い世代への応援をします
 
 
 

 


県政への架け橋

皆さんと県政をつなぐために

◆伊豆市と綿密な連携をとり県政・国政に働きかけます
◆定期的な県政報告をしていきます
◆市民の皆さんの声を聞く座談会を実施します
◆長年のまちづくり活動で得た経験を県政に提案します
 
 
 

Copyright © のだ 治久(野田 治久) All Rights Reserved.